HOME » 愛猫の症状で知るペットの皮膚病ガイド » アレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎

猫のアレルギー性皮膚炎とはどんな病気か、症状、原因、治療法をお伝えしています。飼い主さんができることもチェックしておきましょう。

猫のアレルギー性皮膚炎の特徴と主な症状

毛づくろいをしている猫のイラスト

猫のアレルギー性皮膚炎も、人間と同じで特定の物質(アレルゲン)に過剰に反応することで起こります。一度発症すると、かゆみを伴うブツブツや脱毛ができ、慢性的でなかなか治らないのが特徴。

患部をかいたり、なめたりすると、炎症はさらにヒドくなってしまいます。猫に多いノミアレルギー皮膚炎の場合は、腰からお尻にかけてひどいかゆみや脱毛を伴うようです。

原因とアレルゲンの種類

アレルギー性皮膚炎になる理由は、生まれつきアトピー体質だった場合や、免疫力の低下やストレスなどによって、アレルギーの原因物質=アレルゲンに過剰に反応して発症する場合があります。猫のアレルギー性皮膚炎には、いくつか代表的なタイプがあって、それぞれ次のような場合に症状が出ると言われています。

  • ノミアレルギー性皮膚炎…ノミやダニに食われたとき、糞に触れたとき
  • 食物アレルギー…フードにアレルゲン物質が含まれていたとき
  • 接触性アレルギー…金属やプラスチック、カーペットなどに触れたとき
  • 吸引性アレルギー…花粉やハウスダストを吸い込んだとき
  • アトピー性皮膚炎…皮膚のバリア機能が低下しているとき、アレルゲンに触れたときなど

生まれつき何にアレルギーがあるか、どのくらいで発症するかは、猫によってもさまざま。中にはノミに数匹食われただけで発症してしまう子もいるそうで、とくに体の免疫力が弱っていたり、ストレスが多いと発症しやすくなります。また、花粉やハウスダスト、食べ物など複数のアレルゲンに反応する場合は、アトピー性皮膚炎が疑われます。

治療法

本来、アレルギー性皮膚炎の治療は、アレルゲンを特定してそれを避けることで症状が良くなるものですが、猫の場合、現状ではアレルゲンの特定が難しいそうです。そのため、治療では症状に応じてステロイドやかゆみを抑える薬を使ったり、アレルギーの原因になりそうな原材料を除去した食事を試すのが一般的。

また、アトピー性皮膚炎だった場合は、体質的な問題なので根治は難しく、同じく薬やサプリメント、スキンケア等でかゆみを抑えつつ、病気とうまく付き合っていくことになります。

治療法を教える獣医さんのイラスト

飼い主さんができることは、アレルゲンになりそうな物質との接触をなるべく避けてあげること。定期的にノミ駆除剤を使ったり、室内ではホコリやカビなどのハウスダストにも注意しましょう。

食事はアレルギーの可能性が少ない特殊なタンパク質を含むフードに変える場合もあります。

その他に、アレルギー性皮膚炎は免疫力の低下によっても発症しやすくなります。普段から栄養面に気を遣ったり、アトピーの場合はストレスを減らして、猫ちゃんの自然治癒力を高めてあげることが症状の緩和にもつながります。

ペットの皮膚病緩和を助ける最前線

病気の治療だけでは、ペットの皮膚病を根本から直すのは難しいと言われています。栄養バランスを考えた食事やサプリメントの摂取と並行して、健康グッズを与えてあげるのも一つの手ではないでしょうか?また、ストレスをため込ませないようにするのも大切なので、愛犬愛猫のストレスケアもしっかり行ってあげてください。

愛犬の自律神経をケアする健康グッズとは