HOME » 愛猫の症状で知る猫の皮膚病ガイド » クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)

クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)

猫や犬がかかりやすいクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)の主な症状や原因、治療法をまとめました。飼い主さんが行いたいこともチェック。

猫がかかりやすいクッシング症候群の特徴と主な症状

クッシング症候群は、副腎皮質ホルモンというホルモンの過剰分泌でおこる病気です。

マンチカンのイラスト

猫の他には犬がなることもあり、最初は水をたくさん飲んでおしっこの量が増えたり、食欲が異常に増すなどの変化があらわれます。そのせいでお腹が膨れる、皮膚が薄くなる、脱毛することなども。

脱毛は胴体全体や耳の先端が左右対称に脱毛することが多く、ひどくなると出血したり、お腹の皮膚が黒ずむこともあるそうです。

また、糖尿病や甲状腺機能低下症を併発しているケースもあります。

原因

クッシング症候群の原因と言われているのが、脳内や副腎にできる腫瘍の影響や、薬の副作用、老衰など。中でも一番多いのが腫瘍による影響で、脳下垂体や副腎そのものに腫瘍ができると、コルチゾールと呼ばれる副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されて発症してしまうそうです。

薬の副作用はステロイドが代表的ですが、猫ちゃんの場合は犬よりステロイドへの耐性が強く、発症はまれみたいです。

治療法

他の疾病によって発症することが多いクッシング症候群では、病気の原因を取り除くことが大切になってきます。腫瘍がある場合は手術で切除したり、ステロイドの使用をやめる、もしくは量を減らす、脳内の下垂体腫瘍には放射線療法が行われることも。腫瘍は手技が困難で切除できないケースも多いそうで、その際は副腎皮質の働きを弱める薬が処方されます。

投薬治療では、一度治療をはじめると一生涯薬が必要になるケースがほとんどだそうです。

治療法を教える獣医さんのイラスト

治療は、どれも猫ちゃんへの負担が大きいものと言えますね。飼い主さんは、日頃から猫ちゃんの食欲に変化がないかなど、様子を観察して早期発見することが第一です。

クッシング症候群を引き起こすホルモンの異常は、自律神経の乱れとも深く関係していると言われています。

市販のペット専用グッズの中には、付けるだけで自律神経を向上させてくれるアクセサリーなどもあるので、そういったものを試すのもおすすめです。

自律神経が正常に働くことで、あらゆる病気の症状改善や、クッシング症候群の予防にもつながります。

ペットの皮膚病緩和を助ける最前線

病気の治療だけでは、ペットの皮膚病を根本から直すのは難しいと言われています。栄養バランスを考えた食事やサプリメントの摂取と並行して、健康グッズを与えてあげるのも一つの手ではないでしょうか?また、ストレスをため込ませないようにするのも大切なので、愛犬愛猫のストレスケアもしっかり行ってあげてください。

愛犬の自律神経をケアする健康グッズとは