扁平上皮癌

皮膚や口内にも発症する猫の扁平上皮癌について、くわしい症状、原因、治療法などまとめました。飼い主さんが注意したいことも紹介。

猫の扁平上皮癌の特徴と主な症状

三毛猫のイラスト

扁平上皮癌は、体中の皮膚の最上部にある扁平上皮が癌化してしまう病気です。皮膚がある場所であればどこにでも発生する可能性があって、猫では白い毛や毛の薄い部分にできやすく、鼻の表面、まぶた、耳、唇、歯肉や舌、肺に腫瘍ができることもあります。

初期の状態では、皮膚炎のようにかさぶたや腫瘍、脱毛、しこりなどができますが、癌が進行すると出血して膿んだり、そのせいで耳が落ちてしまうことなどもあるそうです。

さらに病気が進行すると、皮膚だけではなく、その部位の機能にも障害が出るようになります。中でも多い口腔内の扁平上皮癌は、舌や歯茎にしこりができるせいで、食べ物や水が飲み込みにくくなったり、しこりが大き過ぎて口を閉じられなくなることもあるようです。

原因

扁平上皮癌は、ほとんどの場合が原因不明だそうですが、扁平上皮が癌化するのには紫外線や環境が関係していると言われています。

扁平上皮癌は、白猫や毛の色が薄い猫がなりやすく、日光を浴びやすい鼻先などに腫瘍ができやすいことから、紫外線への露出の影響が考えられているようです。

猫の他には、犬の扁平上皮癌もあり、犬の場合は都会に住んでいる子のほうが多く発症するそう。そのため、猫にも何らかの環境因子が発症に関与しているのではという説もあり、慢性的なタバコの煙、化学薬品、スモッグなどの影響も疑われています。

治療法

扁平上皮癌も、猫の他の皮膚癌と同じく、手術や化学療法、薬物療法などの治療が行われます。癌が小さくて猫に体力がある場合は、癌がある部分とその周りの組織を広く切除します。癌が進行しすぎて切除できない場合や、猫に体力がない場合、抗がん剤や放射線などの化学療法・薬物療法が行われます。

扁平上皮癌の中でも、舌のつけ根にある扁桃という部分に腫瘍ができた場合は、転移性が高く、手術をしても1年以上生きられる可能性が10%に満たないそう。この場合も手術以外の治療が優先されるそうです。

他の皮膚癌と同じく、治療は猫にとって負担が大きいものばかりですよね。自宅では食事管理やストレスケアに気を配ったり、扁平上皮癌を予防するには紫外線にあまり当たらないよう注意することも大切と言われています。

治療法を教える獣医さんのイラスト

とくに白猫や、白い被毛部分がある猫の場合、日光皮膚炎を発症して進行することで扁平上皮癌になるケースもあります。

これを防ぐためにも、とくに白猫の飼い主さんは、紫外線が強い季節や時間帯の外出は避けたり、耳や鼻周辺の皮膚に炎症がないか、口の中にしこりがないかもこまめにチェックすると良いでしょう。

また、普段から猫の免疫力や自己治癒力が高まるようケアして、なるべく早期のうちに治してあげるのが癌予防にもつながります。

ペットの皮膚病緩和を助ける最前線

病気の治療だけでは、ペットの皮膚病を根本から直すのは難しいと言われています。栄養バランスを考えた食事やサプリメントの摂取と並行して、健康グッズを与えてあげるのも一つの手ではないでしょうか?また、ストレスをため込ませないようにするのも大切なので、愛犬愛猫のストレスケアもしっかり行ってあげてください。

愛犬の自律神経をケアする健康グッズとは