肥満細胞腫

猫の肥満細胞腫とはどんな病気か、くわしい症状、原因、治療法、飼い主さんが行いたいことなどお伝えしています。

猫の皮膚ガン・肥満細胞腫の特徴と主な症状

ロシアンブルーのイラスト

猫の肥満細胞腫は、その名のとおり肥満細胞がガン化する病気で、発症する部位によって「皮膚型」と「内蔵型」の2つがあります。

皮膚型の場合は、脱毛をともなう小さな硬いしこりが1個ポツッとできたり、体のあちこちにできることがあります。

内蔵型では、おもに脾臓、肝臓、小腸に腫瘍ができますが、初期では症状が分かりにくいのが注意したいところ。最初は軽度の嘔吐や下痢が続き、しだいにひどくなって食欲不振、元気がない、体重の減少などの症状が出るようです。

その他には、腹部をさわるとしこりが感じられたり、やせているのにお腹だけが膨らむことも。内蔵型の腫瘍は悪性の場合も多く、ガンが転移すれば命の危険性もあると言われています。

なるべく早期に発見できるよう、飼い主さんは常日頃から体をなでてしこりをチェックしたり、上記のような症状が続いたら、なるべく早く検査を受けさせるようにしましょう。

原因

皮膚ガンの一種でもある肥満細胞腫ですが、原因は解明されていないそうです。肥満細胞腫にかかる平均年齢は9~10歳で、中年~高年齢の猫ちゃんに発症しやすいことが分かっています。

ただし、シャム猫などの特定の品種では若くして発症することもあり、病気の原因は品種にも関係しているのではと考えられているようです。また、皮膚に腫瘍がたくさんできた場合は、猫エイズとも呼ばれる猫免疫不全ウイルス(FIV)の影響が疑われています。

治療法

治療法は、肥満細胞腫が皮膚型内蔵型かによって変わってきます。

皮膚型の場合は、腫瘍とその周辺部分を手術で切除します。腫瘍が大きくて完全に取りきれなかった場合は、放射線治療やホルモン治療を行ったり、その他の補助療法や化学療法が行われることもあります。

シャム猫に多いタイプの皮膚型肥満細胞種では、ガンが自然消滅することもあるので、経過観察ですむ場合もあるようです。

内蔵型の腫瘍の場合も、患部を外科的に切除するのが一般的。手術後は、皮膚型と同じく放射線治療や化学療法を行うこともありますが、脾臓や腸管の腫瘍を摘出した場合、余命は1年ほどと言われています。

治療法を教える獣医さんのイラスト

皮膚型、内蔵型、どちらの場合も、治療法は人間のガン治療とほぼ同じと言えますね。手術をはじめ、放射線治療や化学療法は、猫の体への負担も大きくなります。

自宅では猫ちゃんが静かでゆっくり休める環境を作ったり、治療の副作用がひどいようなら、サプリメントなどを使った栄養療法に切り替える方法もあります。

闘病中はストレスも大きくなります。獣医さんとも相談して、飼い主さんは少しでも猫が快適に過ごせる治療法を選ぶことも大切です。

ペットの皮膚病緩和を助ける最前線

病気の治療だけでは、ペットの皮膚病を根本から直すのは難しいと言われています。栄養バランスを考えた食事やサプリメントの摂取と並行して、健康グッズを与えてあげるのも一つの手ではないでしょうか?また、ストレスをため込ませないようにするのも大切なので、愛犬愛猫のストレスケアもしっかり行ってあげてください。

愛犬の自律神経をケアする健康グッズとは