好酸球性皮膚炎

ピンク色の肉芽腫ができる猫の好酸球性皮膚炎について、代表的な3つの症状、原因、治療法、飼い主さんが注意したいことなど紹介しています。

アレルギー持ちの猫に多い好酸球性皮膚炎の特徴と主な症状

アメリカンショートヘアーのイラスト

好酸球性皮膚炎とは、好酸球性肉芽腫群とも呼ばれていて、アレルギーなどによって体にピンク色の肉芽腫ができてしまう病気です。

症状には主に3つのタイプがあって、唇がえぐれて盛り上がる無痛性潰瘍、首や腹部に平らなピンクのぼこぼこや脱毛が見られる好酸球性プラーク、線状に盛り上がった線状肉芽腫があります。

いずれの場合も、強いかゆみをともなうので、猫が体をかきこわしたり、患部を舐めて炎症を悪化させてしまうケースが多いようです。

原因

原因はハッキリとは分かっていませんが、主にアレルギーや寄生虫による影響と考えられています。

この病気でできる肉芽腫は、白血球の中にある好酸球という細胞が集まってできたもの。好酸球は本来、寄生虫を退治する役目と、アレルギー反応が起きている場所へ急行する役目を持っています。

アレルギーが出たときに何らかの原因でこの好酸球が頑張り過ぎてしまったり、寄生虫を退治しようと集まって肉芽腫ができると考えられているようです。原因のアレルギーとして挙げられているのは、ノミアレルギー、食物アレルギー、アトピーなど。ただし、どのアレルギーによってどの症状が出るかは解明されていません。

治療法

好酸球性皮膚炎の治療では、最初に炎症部分の細胞をとって好酸球があるかどうかの検査を行います。好酸球がたくさんあれば、好酸球性肉芽腫と判明。これだけだと原因が分からないので、さらにアレルギーの有無を調べるための詳しい血液検査が行われることもあります。

治療には、アレルギー性皮膚炎と同じく炎症や強いかゆみを抑えるステロイドが使われたり、寄生虫が原因の場合は抗生物質が使われることも。

治療法を教える獣医さんのイラスト

ただし、アレルギーがある場合は原因を特定するのが難しく、再発を繰り返すケースが多いようです。

自宅では、アレルギー対策としてノミやハウスダスト、食物への注意が必要になったり、治療は飼い主さんの負担も大きくなりそうですね。

同じアレルギーの猫でも、好酸球性皮膚炎を発症しない子もいます。発症を防ぐには、普段から栄養バランスの良い食事や運動などで、猫の免疫力を高めておくのが良いかもしれません。

ペットの皮膚病緩和を助ける最前線

病気の治療だけでは、ペットの皮膚病を根本から直すのは難しいと言われています。栄養バランスを考えた食事やサプリメントの摂取と並行して、健康グッズを与えてあげるのも一つの手ではないでしょうか?また、ストレスをため込ませないようにするのも大切なので、愛犬愛猫のストレスケアもしっかり行ってあげてください。

愛犬の自律神経をケアする健康グッズとは