HOME » 愛猫の症状で知るペットの皮膚病ガイド » スタッドテイル(尾腺炎、尾腺過形成)

スタッドテイル(尾腺炎、尾腺過形成)

猫のしっぽに症状が出る皮膚病「スタッドテイル」とはどんな病気か、主な症状、原因、治療法、自宅でのケア方法をまとめました。

尻尾の病気「スタッドテイル」の特徴と主な症状

ソマリのイラスト

スタッドテイルは、尾腺炎、尾腺過形成とも呼ばれる、猫のしっぽの付け根にある尾腺部分の皮脂が過剰に分泌する病気です。尾腺部の皮脂が溜まることで、周囲の毛がもつれて固まったり、毛が黄ばむ、ベタベタする、悪臭がすることも。

さらに皮脂が溜まると、患部が細菌感染をして化膿することもあるそうです。猫自身も患部を気にしてなめるので、脱毛が見られることもあります。

原因

スタッドテイルは、去勢をしていないオス猫に多い病気と言われていますが、どうして尾腺の皮脂が過剰に分泌されるかは分かっていないそうです。

一部では、若いオス猫はしっぽの分泌腺が発達しているため、男性ホルモンが関係しているのではという意見もあるそうですが、去勢したオスや避妊治療をしていないメス猫がなる場合もあるそうです。

また、ペルシャ猫やシャム猫などの毛が長い種類の猫がなりやすいとも言われています。

治療法

スタッドテイルは原因が解明されていないので、基本的に根本的な治療法はないそうです。病院では、皮脂の分泌を抑えるために毛を刈って薬用シャンプーで洗浄したり、細菌感染がある場合は抗生物質が処方されるのが一般的。若いオス猫の場合は、去勢手術をすすめられることもあるみたいですね。

溜まった皮脂をそのままにしておくと細菌感染を起こしやすいので、飼い主さんはしっぽ部分をまめに拭いたり、日頃からブラッシングをしてあげると良いそうです。

治療法を教える獣医さんのイラスト

猫は舌がザラザラとしているので、患部をなめることで皮膚病はすぐに悪化してしまうそう。

患部にかゆみがなくても、ストレスで舐めることもあるそうなので、猫がリラックスできるよう工夫も必要ですね。

しきりに患部を気にするような時は、遊んで気を紛らしてあげましょう。

ペットの皮膚病緩和を助ける最前線

病気の治療だけでは、ペットの皮膚病を根本から直すのは難しいと言われています。栄養バランスを考えた食事やサプリメントの摂取と並行して、健康グッズを与えてあげるのも一つの手ではないでしょうか?また、ストレスをため込ませないようにするのも大切なので、愛犬愛猫のストレスケアもしっかり行ってあげてください。

愛犬の自律神経をケアする健康グッズとは