HOME » 愛犬の症状で知る犬の皮膚病ガイド

愛犬の症状で知る
犬の皮膚病ガイド

愛犬がしきりに体をなめていたり、突然脱毛してしまったら、皮膚病の可能性があります。生まれつきの体質が原因の場合もありますが、細菌やダニによる可能性も。犬の皮膚病は一度発症すると長引きやすく、しかも再発しやすいとも言われています。飼い主さんは、愛犬がかかりやすい皮膚病や、症状、原因などをチェックしておきましょう。

かかりやすい犬の皮膚病一覧

  • 1.アレルギー性皮膚炎

    慢性的で最も治りにくい犬の皮膚病

    大きく分けて生まれつきの体質によるアトピーと、食物アレルギーの場合があって、耳、目の周り、唇、わきの下、後肢のつけ根などに赤みを伴うかゆみが出ます。一度発症すれば完治は難しく、自宅では原因となる食べ物やダニなどのアレルゲンを避ける必要があります。

    詳細を見る

  • 2.ノミアレルギー症

    終始体をかきむしるほどの強いかゆみが特徴

    腰からしっぽのつけ根あたりに、強いかゆみを伴う赤い湿疹やじんましんができます。原因はノミに何度も刺されたり、もともとのアレルギー体質による場合も。ノミを駆除すれば症状はおさまりますが、一度発症すると、ノミに寄生されるたびに皮膚炎を生じてしまいます。

    詳細を見る

  • 3.ニキビダニ症

    子犬のときに免疫力が低下するのが原因!

    子犬がかかりやすいアカラスという寄生虫による皮膚病です。脱毛や皮膚の赤み、フケなどが、口や目のまわりから首や四肢に広がったり、顔面の毛が薄くなることも。アカラスは母犬から感染して、生後まもない多くのワンちゃんに寄生しますが、免疫力が低いと発症します。

    詳細を見る

  • 4.疥癬

    強いかゆみにワンちゃんが苦しむことも

    ヒゼンダニという寄生虫によって感染する病気で、とくに強いかゆみを伴います。最初は目の周り、耳、かかとなどの体毛の薄い部分にブツブツとした発疹ができて、ワンちゃんがかき壊すことで脱毛や化膿することも。主にヒゼンダニが寄生している他の動物との接触で発症。

    詳細を見る

  • 5.ツメダニ症

    症状は軽いけど感染ルートは多岐にわたる

    皮膚病の中では、比較的症状が軽く、かゆみが出にくいのが特徴。背中に大量のフケが出たり、耳の後ろやしっぽの付け根に赤みが出たりします。イヌツメダニというダニの寄生が原因ですが、感染している動物との接触、リードやブラシなどの道具、虫からも感染することがあります。

    詳細を見る

  • 6.膿皮症

    皮膚病が悪化すると起こる二次感染症

    細菌感染によって起こる皮膚の化膿性の症状を総称して膿皮症(のうひしょう)と言います。主な症状は、皮膚のじゅくじゅく、かさぶた、赤み、発疹、膿疱など。皮膚病の二次感染として発症することも多く、ワンちゃんが患部をかきむしることで発症したりもします。

    詳細を見る

  • 7.皮膚糸状細菌(白癬)

    免疫力の低いワンちゃんは注意!

    白癬(はくせん)とも呼ばれるカビの一種による皮膚の感染病で、顔や耳、四肢に円形の脱毛ができたり、その周りにフケやかさぶたができたりします。すでに感染している動物からもらったり、子犬や病気やストレスで免疫力が低下している犬がかかりやすくなります。

    詳細を見る

  • 8.脂漏症
    (脂性型/乾燥型)

    ベタつきやカサつきも皮膚病の可能性アリ

    皮膚がカサカサしたり、ベタベタと脂っぽくなる症状が続いたら、脂漏症の可能性があります。乾性型と脂性型の2種類がありますが、いずれも体臭が強くなってフケが多量に出たりします。原因は、栄養の偏りや加齢によるホルモンバランスの乱れなど。

    詳細を見る

  • 9.ホルモン異常

    ホルモン異常によって起こる脱毛症

    ワンちゃんの皮膚病の一種に、ホルモン異常によって起こる脱毛症もあります。副腎皮質ホルモン、性ホルモン、甲状腺ホルモンなど、異常を起こしたホルモンの種類によって症状はさまざまですが、胴体や生殖器、首、太もも裏側などの毛が左右対称に脱毛するのが特徴です。

    詳細を見る

 皮膚病治療で愛犬家が
我が子のためにできること

大切な愛犬が皮膚病にかかってしまったら、私たち飼い主が正しい知識を持ってケアしてあげる必要があります。ワンちゃんは喋って伝えてはくれないので、飼い主が気付かないところでかゆみや炎症に苦しんでいる可能性も。病院で治療を受けさせる以外にも、食生活、ストレスケアにも気を配ることが大切です。ワンちゃんの体に負担の少ない生活環境を整えることで、いち早い症状の回復にもつながります。

ご飯を変える

治療中のワンちゃんの基礎体力を支えるのが食生活です。とくに皮膚病にかかっているワンちゃんは体力、免疫力ともに低下しているので、添加物の少ない、良質の原材料で作られたフードを選ぶのが最適です。栄養価が高く消化の良い食事に変えれば、体のあらゆる細胞が活発になって、自ら皮膚の炎症を食い止める自然治癒力もアップ。その他には、食べ過ぎ、早食いを防いだり、決まった時間に食事を摂るようにすることも大切です。

病院で治療する

皮膚病を治すために、また皮膚病でこわい二次感染を防ぐためにも、病院できちんと治療を受けさせるようにしましょう。とくにかゆみが強い時は、ワンちゃんが自分で患部をかき壊して細菌感染を起こすことも。これを防ぐには、抗生物質などの薬は必要不可欠と言えます。ただし、ホルモン剤やステロイド剤などの一部の薬には副作用もあるので、慢性の皮膚病にかかったときは、獣医さんとも相談しながら、なるべく薬を使わない自然療法にシフトしていくと良いかもしれません。

サプリをご飯に混ぜる

自宅では、普段の食事にサプリメントを取り入れるのも効果的です。獣医さんとも相談したうえで、症状に効果的な栄養素をピンポイントで摂取すれば、症状の改善や再発予防にも効果を発揮してくれます。また、すべての皮膚病を撃退するカギとも言えるのが、免疫力の向上。免疫細胞は腸内環境を整えることで増加するので、サプリメントでは、善玉菌を増やすビフィズス菌などを摂取するのもおすすめです。

ストレスを減らす工夫をする

治療中は、かゆみや炎症、慣れない通院などで、ワンちゃんもストレスにさらされています。飼い主さんは、ワンちゃんがより快適に過ごせる工夫もしてあげましょう。ベッドはテレビやドアを閉める音がしない静かなところに置いたり、部屋を快適な温度に保つ、まめにブラッシングをして体を清潔に保つなど。症状が落ち着いている時であれば、散歩に連れていって気分転換をさせてあげるのも良いですね。

あらゆる方法を試みてもダメだった方へ愛犬の身体と免疫力・自律神経の関係

私たち人間も歳をとると病気にかかりやすくなるように、ワンちゃんも歳を重ねるごとに免疫力が低下して、皮膚病などの病気も治りにくくなります。本来、体内に入ってくるウイルスやあらゆる外敵は免疫細胞が退治しますが、ストレスなどによって自律神経のバランスが崩れると、この細胞たちがうまく働かなくなってしまうようです。病院で治療をしたり、あらゆる方法を試しても病状が改善しない場合、ワンちゃんの免疫力や自律神経の働きが低下しているのかもしれません。

愛犬の健康を向上させるメカニズム

愛犬の健康を末永くキープするには、あらゆる外敵から身を守る免疫力、それを働かせる自律神経を向上させることが必要です。免疫細胞は腸内に多く存在するので、日々の食生活を変えるだけで細胞の数を増やすことができます。一方、自律神経を整えるために大切なのがワンちゃんの住環境。生活リズムを整えたり、ストレスが少ない生活を送ることで、副交感神経がきちんと働くようになり、病気にも負けない自己治癒力を付けることができます。

愛犬の自律神経向上に役立つ健康グッズも

皮膚病にかかっているワンちゃんは、慣れない治療やかゆみなどでストレスいっぱいの状態です。飼い主さんは、とくにストレスケアには力を入れてあげたいですね。市販のペット用健康グッズの中には、付けるだけで自律神経を向上させてくれるアクセサリーなどもあります。さまざまな病気に悩む飼い主たちから話題の製品で、天然鉱石の特殊な振動がワンちゃんの心を安定させてくれるそう。副作用やアレルギーの心配もないので、こういったものも試してみるのがおすすめです。

 愛犬の自律神経をケアする健康グッズとは