HOME » 愛犬の症状で知る犬の皮膚病ガイド » アレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎

犬のアレルギー性皮膚炎とはどんな病気か、症状、原因、治療法についてまとめました。飼い主さんができることもチェック!

犬のアレルギー性皮膚炎の特徴と主な症状

ビーグルのイラスト

数ある犬の皮膚病の中でも、慢性的でなかなか治らないのがアレルギー性皮膚炎と言われています。

症状は、耳、目の周り、唇、わきの下や後肢のつけ根などに赤みを伴うかゆみが出るのが特徴。指の間がかゆくて四肢の先をしきりになめていたり、まぶたの炎症が強い場合は結膜炎を起こすこともあるようです。

これらの症状が現れたら、飼い主さんは病院に連れて行って検査を受けさせるようにしましょう。

原因

犬のアレルギー性皮膚炎には、アトピー性皮膚炎と食物アレルギーの2種類があって、原因は主に次の2つのタイプに分かれるようです。

家系にアトピーの犬がいるなどの遺伝的要因

人間と同じで犬のアトピーにも多いのが、遺伝的な体質です。

なりやすい犬種は、柴犬、シーズー、ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、ミニチュアダックスフンド、フレンチブルドック、ビーグル、トイプードルなど。若い時期に発症することが多く、一度発症すると病気とは長い付き合いになります。

アトピー体質の子は、アトピー性皮膚炎と食物アレルギーを併発することもあります。

アレルゲン、免疫力の低下、ストレスなど…複合的な要因で発症する場合

遺伝体質以外には、生まれつき何らかの物質にアレルギーがあって、それが免疫力の低下やストレスなどのさまざまな要因で症状として現れるケースがあります。

アレルゲンは、フードに含まれている物質だったり、ダニ、ほこり、花粉など、その犬によってさまざま。免疫力の低下やストレスも病気の大きな原因と言えるので、飼い主さんは、日頃から健康&メンタルケアをしてあげることも大事になってきます。

治療法

アレルギー性皮膚炎を治すには、まずは何に対してアレルギーを起こしているか、アレルゲンを特定することが大切です。病院では血液検査や除去食試験でアレルゲンが調べられるので、食物アレルギーの場合は、これを取り除くだけで治ります。

治療法を教える獣医さんのイラスト

一方、アレルゲンを除去してもかゆみが治まらなかったら、アトピー性皮膚炎の疑いがあります。

アトピーは体質的な問題なので根治は難しいですが、薬やサプリメント、スキンケア等でかゆみを抑えつつ、病気とうまく付き合っていくことになります。

また、食物アレルギーの場合でも、別の病気の治療で処方されたフードにアレルゲンが含まれていた場合などは、皮膚炎と一生の付き合いに…。

飼い主さんは、病院で行う治療以外にも、愛犬がより快適にリラックスして過ごせる環境を作ってあげて下さい。症状を少しでも軽くするには、免疫力を高めるケアにも取り組んでみると良いと思います。

ペットの皮膚病緩和を助ける最前線

病気の治療だけでは、ペットの皮膚病を根本から直すのは難しいと言われています。栄養バランスを考えた食事やサプリメントの摂取と並行して、健康グッズを与えてあげるのも一つの手ではないでしょうか?また、ストレスをため込ませないようにするのも大切なので、愛犬愛猫のストレスケアもしっかり行ってあげてください。

愛犬の自律神経をケアする健康グッズとは