HOME » 愛犬の症状で知る犬の皮膚病ガイド » 皮膚糸状細菌(白癬)

皮膚糸状細菌(白癬)

犬や猫にも多い皮膚糸状菌症・白癬(はくせん)の主な症状、原因、治療法、自宅で行いたいケア方法などを紹介しています。

子犬がかかりやすい白癬(はくせん)の特徴と主な症状

白癬(はくせん)とも呼ばれる皮膚糸状菌症は、犬や猫、人間もかかることのある真菌=カビの一種による皮膚の感染病です。

ダックスフンドのイラスト

とくに免疫力の低い子犬や子猫がかかりやすく、顔や耳、四肢に円形の脱毛ができたり、その周りにフケやかさぶたができることもあります。

ひどくなると分厚いかさぶたを伴うブツブツができたりしますが、いずれの症状もかゆみは少なめと言われています。

原因

皮膚糸状菌症の原因はカビの一種である真菌ですが、どうして真菌に感染するかは大きく分けて2つの原因があると言われています。

ひとつめの原因が、すでに感染している犬や猫、人間から直接感染するケース。犬の場合、家の中で飼っている別の動物から移ることも多く、使っているブラシやタオルの衛生面にも注意が必要です。

そして次に多い感染理由が、免疫力の低下によるもの。ストレスや病気などで免疫力が低下すると、通常であれば抑えこめるはずの菌の増殖を防ぐことができなくなってしまうそうです。とくに、もともと免疫力の低い子犬や子猫では、菌におかされた環境下に行くだけで発症することもあるようです。

治療法

皮膚糸状菌症の治療には、抗真菌薬の内服、ローション・軟膏の塗布、薬用シャンプーによる薬浴などの方法があります。

治療法を教える獣医さんのイラスト

治療前には、菌におかされた部位とその周辺の毛を刈ることも多く、場合によっては感染が拡大しないよう全身の毛を刈ることもあるのだとか。

また、再感染を防ぐためにも、住環境を見直すことも大切と言われています。

他の動物からの感染を防ぐために屋外から室内飼いに変えたり、ストレスが少ない環境を作ってあげることも大切。皮膚糸状菌症では、免疫力の低下も大敵になるので、日頃から栄養管理にも気を付けてあげると良いと思います。

また、まれに飼い主から犬に感染することもあるので、水虫がある人は犬には触らせないよう注意しましょう。

ペットの皮膚病緩和を助ける最前線

病気の治療だけでは、ペットの皮膚病を根本から直すのは難しいと言われています。栄養バランスを考えた食事やサプリメントの摂取と並行して、健康グッズを与えてあげるのも一つの手ではないでしょうか?また、ストレスをため込ませないようにするのも大切なので、愛犬愛猫のストレスケアもしっかり行ってあげてください。

愛犬の自律神経をケアする健康グッズとは