疥癬

ダニの一種、ヒゼンダニによる犬の皮膚病「疥癬(かいせん)」の主な症状、原因、治療法をまとめました。自宅で行いたいケア方法も紹介しています。

犬の皮膚病「疥癬(かいせん)」の特徴と主な症状

ボーダーコリーのイラスト

犬の皮膚病の中でも、とくに強いかゆみを伴うのが疥癬(かいせん)です。疥癬はヒゼンダニという寄生虫によって感染する病気で、初期は目の周り、耳、ひじ、かかとなどの体毛の薄い部分にブツブツとした発疹ができます。

しだいに激しいかゆみが広がって、患部をかくことで皮膚に傷ができたり、フケやかさぶた、脱毛が見られることも多いようですね。

さらに悪化した場合、傷口に細菌の二次感染がおきて化膿することもあります。

原因

疥癬(かいせん)の主な原因は、ヒゼンダニが犬に寄生すること。ヒゼンダニは、虫メガネで見ることができる大きさのダニで、宿主の皮膚に穴をあけて寄生していきます。

感染する原因は、すでにヒゼンダニが寄生している動物との接触がほとんど。ヒゼンダニは、人間にも寄生することもあり、まれに犬から人間にうつることもありますが、この場合は一時期的なかゆみだけで症状はおさまるようです。

その他に、数匹の犬を飼っている場合、使っているタオルやブラシから感染して広がることもあります。

治療法

治療は、殺ダニ効果のあるスプレーやスポットタイプの薬を塗布したり、内服薬を処方して行います。患部に二次感染がある場合は、抗生物質を投与することもあるようです。

治療法を教える獣医さんのイラスト

疥癬(かいせん)は、不衛生なタオルや道具類、寝床からも感染しやすいので、飼い主さんは自宅での衛生管理にも注意が必要です。使った道具は、殺ダニ効果のある薬剤で消毒したり、他にペットを飼っている場合はブラシやクシは別々にするのがポイント。

強いかゆみを伴う病気でもあるので、患部に傷跡を残さないためにも、常日頃から様子を観察して、早期発見・早期治療につとめてあげて下さいね。

ペットの皮膚病緩和を助ける最前線

病気の治療だけでは、ペットの皮膚病を根本から直すのは難しいと言われています。栄養バランスを考えた食事やサプリメントの摂取と並行して、健康グッズを与えてあげるのも一つの手ではないでしょうか?また、ストレスをため込ませないようにするのも大切なので、愛犬愛猫のストレスケアもしっかり行ってあげてください。

愛犬の自律神経をケアする健康グッズとは