ニキビダニ症

子犬に多く見られるニキビダニ症について解説。主な症状、原因、治療法、自宅で行いたいケア方法などを紹介しています。

寄生虫による犬のニキビダニ症特徴と主な症状

北海道犬のイラスト

アカラス症・毛包虫症とも呼ばれるニキビダニ症は、アカラスという寄生虫によって起こる犬の皮膚の病気です。生後まもなく母犬から感染することが多く、脱毛や皮膚の赤み、フケなどの症状が口や目のまわりから首や四肢へ広がるのが特徴です。

全身性、四端性の他に、局所性のニキビダニ症もあって、この場合も若い時期に発症して、顔面の毛が薄くなったり、フケが増えたりするようです。

原因

ニキビダニ症の原因になるアカラスという寄生虫は、母犬から感染して、生後まもない多くの犬に寄生していると言われています。この寄生虫が、自己免疫力や抵抗力の低下によって、異常増殖して発症するのがニキビダニ症。つまりは、免疫力の低下が病気の引き金とも言えるんです。

子犬のうちに発症したニキビダニ症は、約半数が自然に回復するそうですが、大人になってから発症すると生涯の治療が必要になることも…。成犬のニキビダニ症には、アトピー性皮膚炎や、甲状腺の機能低下、糖尿病などの疾患が関係しているとも考えられています。

治療法

治療は、駆虫薬によってニキビダニの駆除を行うのが一般的です。完全に駆除するには時間がかかるものの、根気良く続ければみるみる症状が回復する子も多いそうです。

治療法を教える獣医さんのイラスト

また、膿皮症などの細菌感染を併発している場合は、抗生剤を投与したり、成犬で再発をくりかえす場合は、他の病気の検査をすることもあるようです。

ニキビダニ症の発症には、免疫力の低下も大きく関係しています。飼い主さんは、常日頃からしっかり睡眠を取れるように気遣ったり、栄養管理、生活リズムを安定させることなども大切です。とくに子犬のうちは、体力もあり余っているので、散歩もまめに連れて行ってストレスを溜めないようにすると良いかもしれません。

ペットの皮膚病緩和を助ける最前線

病気の治療だけでは、ペットの皮膚病を根本から直すのは難しいと言われています。栄養バランスを考えた食事やサプリメントの摂取と並行して、健康グッズを与えてあげるのも一つの手ではないでしょうか?また、ストレスをため込ませないようにするのも大切なので、愛犬愛猫のストレスケアもしっかり行ってあげてください。

愛犬の自律神経をケアする健康グッズとは