ノミアレルギー症

犬によく見られるノミアレルギー症の主な症状、原因、治療法をくわしくまとめました。飼い主さんが自宅で行いたいノミ対策法も紹介しています。

犬のノミアレルギー症の特徴と主な症状

身体を掻く犬のイラスト

ノミアレルギー性皮膚炎とも呼ばれるノミアレルギー症は、犬の体に寄生したノミによって皮膚のかゆみや炎症が出る病気です。

症状は、ノミが寄生しやすい腰からしっぽのつけ根あたりに、赤い湿疹やじんましんができるのが特徴。終始体をかきむしったり、眠れないくらいの強いかゆみが出るとも言われています。

放っておくと膿皮症を引き起こしたり、脱毛、色素沈着になることもあるようです。

原因

ノミアレルギーの原因は、その名の通り、犬の体表にいるノミの唾液や体の一部がアレルゲンとなって発症します。ノミに何度も刺されたり、もともとアトピー体質や食物アレルギーがあると、より症状が出やすいとも言われています。

かゆみや炎症はノミを駆除すればおさまりますが、一度発症すると、ノミに寄生されるたびに皮膚炎を生じてしまうのが厄介なところです。

治療法

病院での治療では、皮膚のかゆみや炎症を抑える治療と同時に、アレルゲンであるノミの駆除も行います。

ノミの駆除には、ノミの卵や幼虫、さなぎにも効く薬剤を使うのが効果的だそう。これを投与することで、症状が治まった後もノミアレルギーを予防できるそうです。予防、駆除薬には有効期間があるので、定期的に投与して効果が途切れないようにすることも大切です。

治療法を紹介する獣医さんのイラスト

また、ノミは同居している他のペットからうつることもあるので、一家にいるペット達全員に薬剤を飲ませるケースもあります。自宅では掃除機をすみずみまでかけて、かけ終わった後のゴミは密閉した袋に入れてすぐ処分するなど、飼い主さんは室内のノミ対策もしてあげてくださいね。

とくに、寝床はノミの巣になっている可能性が高いので、敷物はまめにかえて常に清潔に保つようにすると、再発防止にもつながります。

ペットの皮膚病緩和を助ける最前線

病気の治療だけでは、ペットの皮膚病を根本から直すのは難しいと言われています。栄養バランスを考えた食事やサプリメントの摂取と並行して、健康グッズを与えてあげるのも一つの手ではないでしょうか?また、ストレスをため込ませないようにするのも大切なので、愛犬愛猫のストレスケアもしっかり行ってあげてください。

愛犬の自律神経をケアする健康グッズとは