ペットがかかりやすい癌の種類、主な症状、原因、治療法などお伝えしています。犬や猫の癌を予防するために、飼い主さんが注意したいこともチェック。

犬や猫がかかる癌(ガン)の種類と主な症状

癌(ガン)は、もともと体内にある癌細胞を免疫細胞が破壊しきれずに長年蓄積することで、悪性の腫瘍となって現れる病気です。最近は、飽食などでペットの長寿化が進んでいることもあって、癌の発症は避けられないリスクとも言われています。

診断を受ける犬のイラスト

犬や猫の場合も、全身のいたるところに癌ができる可能性があり、健康な組織を侵しながら広がったり転移をすることで、命の危険をおびやかすことも。とくに犬や猫がかかりやすい癌には、次の種類があります。

  • 皮膚…肥満細胞腫、扁平上皮癌
  • 神経系…脳腫瘍
  • 筋骨格系…骨肉腫・骨髄腫
  • 消化器…口腔癌、喉頭癌、胃癌、食道癌、大腸癌、肝臓癌、胆のう癌、膵臓癌
  • 泌尿器…腎臓癌、膀胱癌
  • 生殖器…乳癌、子宮癌、卵巣癌、精巣癌、前立腺癌、
  • 呼吸器…肺癌
  • 循環器…悪性リンパ腫(リンパ肉腫)、血管肉腫、白血病

犬と猫では、犬の方が癌になりやすいようですが、猫の場合は一度癌になると重症化しやすいとも言われているようですね。

症状は癌の種類によっても変わってきますが、次のような症状が続いたら、すぐに検査を受けさせるようにしましょう。

犬や猫の癌に共通する症状

  • 食欲が落ちて体重が減る
  • ぐったりして元気がない、運動を嫌がる
  • リンパ節が腫れる
  • 貧血っぽくなる
  • 微熱が続く
  • 皮膚や体内に触ってわかるしこりができる など

原因

原因はハッキリとは分かっていませんが、癌の発症には以下の影響が考えられています。

  • 遺伝的要因
  • 免疫力の低下
  • 紫外線や放射線による影響
  • ウイルス感染(猫白血病ウイルス、猫エイズウイルスなど)
  • ホルモンの異常
  • 殺虫剤やペット用シャンプーに含まれている化学物質の影響
  • タバコの煙や、家電製品の電波による影響

品種によってもともとなりやすい体質だったり、生活環境や健康状態も深く関係しているんですね。あらかじめ避けられるものは避けて、飼い主さんはできる限り予防してあげましょう。

治療法

ペットの癌治療には、手術、化学療法・薬物療法(抗がん剤やホルモン剤の投与)、放射線治療、免疫療法などがあります。手術をして腫瘍を除去したあとも、抗がん剤やホルモン治療を続けるケースは多く、場合によっては一生涯治療が必要になることもあります。

癌治療は、どれもペットへの負担が大きいため、これらの治療の副作用を避けるために、自宅で代替え療法を行う方法もあります。

犬や猫の代表的な癌の代替え療法

  • 食事療法(癌に効果のあるサプリメントの摂取、栄養管理)
  • 免疫力を高めるための生活法の実施
  • マッサージ、ハーブ、動物用の鍼灸
  • ペット専用の健康グッズを使う など
治療法を教える獣医さんのイラスト

癌は腫瘍が見つかっても、切ってみるまでは良性か悪性かわからないケースが多いそう。とくに高齢のペットの場合、腫瘍は温存して自宅でこれらの療法を行って様子をみる方も多いようですね。

代替え療法で行われているようなことは、癌を予防するためにも大切なことです。日頃から栄養管理をして免疫力を高めたり、ストレスを減らして自律神経のバランスを整えることで、癌細胞を自ら撃退する強い体を作ることができます。

ペットの皮膚病緩和を助ける最前線

病気の治療だけでは、ペットの皮膚病を根本から直すのは難しいと言われています。栄養バランスを考えた食事やサプリメントの摂取と並行して、健康グッズを与えてあげるのも一つの手ではないでしょうか?また、ストレスをため込ませないようにするのも大切なので、愛犬愛猫のストレスケアもしっかり行ってあげてください。

愛犬の自律神経をケアする健康グッズとは