糖尿病

犬や猫がかかる糖尿病の症状、原因、治療法、自宅でのケア方法をまとめて紹介しています。

犬や猫がかかる糖尿病の特徴と主な症状

犬や猫の糖尿病は人の糖尿病と同じで、ホルモンの一種であるインスリンの働きが悪くなって血液中の糖が多くなることで発症します。

人の糖尿病にはⅠ型とⅡ型の2種類があって、犬の場合は体内でインスリンが作れなくなるⅠ型に、猫は食べ過ぎなどによって起こるⅡ型に近い病状になりやすいそうです。

獣医さんに診断を受ける猫と犬のイラスト

犬や猫の糖尿病の主な症状には、次のようなものがあります。

  • よく水を飲む、おしっこの回数が増えて量も多くなる
  • ご飯はしっかり食べるのに体重が減る
  • 食欲増加(猫の場合は食欲不振になることも)
  • 下痢や嘔吐
  • 元気がなくなる
  • 猫がかかとをつけて歩く特徴的な歩き方をする

これは初期の症状ですが、糖尿病が進行すると腹部(肝臓)がふくれたり、白内障、糖尿病性ケトアシドーシスなど他の病気を引き起こすこともあります。

原因

犬や猫が糖尿病になるには、次のような原因があると考えられています。

早食い、食べ過ぎ、糖分の摂りすぎなど
Ⅱ型に近い糖尿病の一番の原因と言われているのが、食生活の乱れです。人間と同じで、ペットの場合も早食いや食べ過ぎの習慣があると、食事のたびに大量のインスリンが出て、血糖値が常に高い状態になって発症しやすくなるそう。とくに食欲旺盛な犬や猫は、とびつくようにフードを食べることが多いので要注意。
また、糖質をとりすぎている場合も、糖尿病になりやすくなります。

運動不足やストレス
食べ過ぎや糖分の摂りすぎで、なおかつ運動不足だとより発症しやすくなります。とくに肥満体の犬や猫は、そもそもの体の細胞がインスリンに対して反応しにくい状態になっているそう。
また、猫はストレスを受けると高血糖になりやすく、その状態が続くことで発症する可能性もあるそうです。

他の病気による影響
肝疾患、心不全、クッシング症候群、腎臓病、免疫異常、甲状腺機能亢進症、先端肥大症などの病気の影響で糖尿病にかかることもあります。
その他には、遺伝で生まれつき脾臓に機能不全があってインスリンが作れないケースも。

年齢や性別
高齢になると基礎代謝が落ちるので、糖尿病は犬の場合は6歳以上、猫は10歳以上に発症しやすいとも言われています。犬はオスがかかりやすく、猫はメスがかかりやすいそうです。

治療法

犬や猫の糖尿病の治療では、主に症状に合わせた病院での治療と自宅での食事療法がメインになります。治療法は、糖尿病のタイプによって大きく2つの方法に分かれます。

犬に多いⅠ型に近いタイプの糖尿病 猫に多いⅡ型に近いタイプの糖尿病
  • 食事療法
  • インスリンの投与
  • 食事療法
  • 血糖値を下げる薬の投与
  • 状況によってインスリンの投与
治療法を教える獣医さんのイラスト

食事療法では、獣医さんとも相談して、毎日の摂取カロリー、食事回数、タイミング、運動量なども設定して行うようですね。

飼い主さんは、自宅でそれをしっかり管理することが大切になってきます。

また、猫の場合はストレスが溜まると高血糖になりやすいので、快適に過ごせる環境づくりにも気を使ってあげると良いかもしれません。

ペットの皮膚病緩和を助ける最前線

病気の治療だけでは、ペットの皮膚病を根本から直すのは難しいと言われています。栄養バランスを考えた食事やサプリメントの摂取と並行して、健康グッズを与えてあげるのも一つの手ではないでしょうか?また、ストレスをため込ませないようにするのも大切なので、愛犬愛猫のストレスケアもしっかり行ってあげてください。

愛犬の自律神経をケアする健康グッズとは